飽きるまで続ける自動売買ブログ

    Home > 2014年06月

     

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
     

    OrionFXのmyfxbook

    先日RigelがEURGBPで大敗しました。
    M78も動かしてたんですが、M78も大敗です。
    EURGBPは成績悪かった記憶あるんで、あ、もう負けたか。って感じです。

    問題はorionfxのrigelのmyfxbookです。
    この前見たときはガッツリ負けておもいきりマイナスになってました。
    今見てみたら、無かった事になってます(笑)
    デモ口座だから、やっぱやーめた。が簡単に出来るんですかね?
    ホンとに誠実さの欠片もない販社ですね。
    知ってたけど。
    スポンサーサイト
     
     

    OrionFXのAlnilamがバージョンアップするようです

    最近のボラの低い相場に調整したらしいです。

    それだけで有料みたいです。
    まあ販社も商売なので仕方ないですね。

    しかし、やると言った事をやらないのがOrionFX。
    myfxbookなんかも更新止めたりします。
    たぶん見られたくない成績なんでしょう。やる事が中途半端なんです。

    プレミアムユーザー?限定?のMAM口座とかどうなったんでしょうね。
    やっぱ辞めたーで、もうやってないんでしょうか?
     
     

    キャッシュバックフォレックスにリベート率を上げて貰う。その2

    140606a.jpg



    メール来てました。
    リベート46%に上げて貰いました。

    なんかホームページの雰囲気変わりました。
    海外FXブローカーっぽくなりました。


    リベート率上げてよー。ってメール送る

    審査するから待っててー。ってメール来る

    ファイナルキャッシュバックが45%だから46%でいい?あと日本語サポートしてるから日本語でいいよー。ってメール来る

    46%でいいよ。よろしく。ってメール送る

    46%になったよー。6/1の取引から適用されるから。ってメール来る

    早いですね。最後のメールが今日。それ以外は一昨日です。
    キャッシュバックフォレックスさん、有難うございます。
     
     

    キャッシュバックフォレックスにリベート率を上げて貰う。その1

    140604a.jpg



    私はECN口座なので手数料の15%をキャッシュバックして貰えます。
    キャッシュバック業者はキャッシュバックフォレックスの他にもあるのですが

    ファイナルキャッシュバックって業者だとリベート率こんだけあるんだけど、これよりリベート率上げてくれない?

    って感じで英語でメッセージを送ると、ちょっと待っててって感じのメールが来て
    オーケー貰ったからリベート率上げるわ!ってメールが来ます。

    140604b.jpg



    15%が41%になりました。全然違いますね(^^;

    140604c.jpg



    え!?!
    いまファイナルキャッシュバック確認してきたら45%になってる!?!
    これは46%になるかも!
    早速キャッシュバックフォレックスにメッセージ送ってきました。


    キャッシュバック登録をするとFX業者はキャッシュバック登録していない口座よりも不利なレートを適用させるみたいな噂もあります。
    本当かどうかは分かりません。
    各々の判断で(^^;
     
     

    なぜ15分毎にしかエントリーできないのか。その3

    140603c.jpg



    はい。こちらの画像がカンガルー販社の細かい成績です。
    M5チャートで稼働させるEAなのでオープンが5分刻みですね。(15:16?よく分からないけど無視)
    私はM5チャート1分ずらし2分ずらし3分ずらし4分ずらしの合計5チャート使っています。
    カンガルーはマジックナンバー1001.2002.3003.4004と固定されているのでロット分割できません。
    しかも、よくエラーで止まります。マジック同じなのでEA同士競合するんでしょう。
    なのでカンガルー動かすMT4はカンガルーのみが望ましいです。

    140603d.jpg



    こちらが私のカンガルー成績です。
    オープンに注目してください。5分刻みではありません。
    初回オープンもナンピンオープンもカンガルーが判断した瞬間にオープンします。
    これが吉とでるか凶とでるか分かりません。
    業者が違う事などの原因もあるのでスプレッドの違いで結果も変わります。
    販社カンガルーは4.14に取引ありますが、私にはありませんでした。

    販社カンガルーがドローダウンした昨年12月の取引も比較してみます。

    140603e.jpg
    140603f.jpg



    上が販社カンガルーで下が私のカンガルー。
    んー。よく分かりませんね。
    販社はBuyで6ポジション取っていますが、私はBuyを損切りしてSellで見事取り返してます。
    うちのカンガルーは優秀ですね。まぁ結果論ですが。

    では昨年7月のドローダウンも比較してみます。

    140603g.jpg
    140603h.jpg



    正直これも、よく分かりません。
    結果としては、ポジション取ったとこが良かった。って話なんですけど。
    なんか紙一重って感じがします。
    ドローダウン免れた事は事実なので、これを信じてこれからもやっていきます。
    カンガルーさん、これからもよろしくお願いします(笑)
     
     

    なぜ15分毎にしかエントリーできないのか。その2

    前回記事続き

    肝心の○分ずらしたチャートをどう作るか。
    正直詳しい事は忘れてしまいました。

    「時間足 ずらす」って感じでググると詳しく出てくると思います。
    私はプログラミングとか、そんな難しい事は出来ないのでググって参考にしてマネてみただけです。

    とある○○○様のサイトを参考にさせて頂きました。

    簡潔に説明すると、M1チャートにインジケーター貼り付けてオフラインチャートを読み込んでEAをセットします。
    しかしそのままやってもEA動いてくれませんでした。
    時間足をずらしてヒストリーファイルがヒストリーフォルダに作られます。
    このヒストリーファイルを読み込んでオフラインチャートを開いてEAをセットするんですが、前回記事の画像を見ると分かりますが、5分ずらしたチャートのタイトルは「EURUSD-_s5,M15(offline)」となっています。
    通貨ペアが「EURUSD-_s5」という事になります。こんな通貨ペアは存在しませんのでEAは動きません。
    という感じです。
    自作EAであればちょいちょいっと書き換えれば動作すると思いますが、商用EAは書き換えれません。
    という事でヒストリーファイルを新たに作るのではなく、上書きします。

    int init()
    {
    ShiftBase = Period() * 60;//sec
    string suffix = "";
    if(ShiftTiming != 0) suffix =StringConcatenate(suffix,"s",ShiftTiming);
    if(GMTShift != 0) suffix =StringConcatenate(suffix,"g",GMTShift);
    if(OmitDigit != 0) suffix =StringConcatenate(suffix,"o"/*,OmitDigit*/);
    MySymbol =Symbol() + "_" + suffix;

    たしか、ここらへんを弄れば良かったと思います。

    上書きさせるので1つのMT4にM15チャートを1つまでしか作れません。
    他になにかいい方法があればいいのですが。

    さて、実際どうなの?ってのは長くなるので別記事にまとめようと思います。
     
     

    なぜ15分毎にしかエントリーできないのか。その1

    MT4EA使ってると思う事ありませんか?
    例えばWallStreetForexrobot。壁ですね。

    140603a.jpg



    ポジション建てが15分毎です。
    M15チャートで判断してエントリーするので当然といえば当然なんですが。
    例えば人の頭で判断して人の手でエントリーする時、次にチャートが更新された時にエントリーしようという考えにはならないです。
    よし買いだ!よし売りだ!と判断した瞬間にエントリーするはずです。

    どうにかならんか?と考えた結果。
    チャートずらせばいんじゃね?という考えに至りました。

    1分足を15本重ねたのがM15チャートです。当たり前ですが。
    通常のM15チャートは0分から14分の15本から作られていますが、1分から15分、2分から16分、3分から17分のチャートも作れます。

    0分から始まるM15チャート



    14分から始まるM15チャート

    1分ずれればチャートの形変わります。
    でもM15チャートである事に変わりはありません。
    厳密に言えば週始め週終りは違いますが。

    1分毎のM15チャートを15個作る事になり大変ですが。
    3分毎のM15チャートなら5個で済みます。
    5分毎のM15チャートなら3個で。

    140603b.jpg


    見比べれるように画像大きいままですが。
    左が通常のM15チャート。中が5分ずらしたM15チャート。右が10分ずらしたM15チャート。
    よーく見ると、ちょっと違います。

    ここでの悩みはマジックナンバーです。
    マジックナンバーを同じにすると、0分でエントリーして1分でクローズ判定が行われます。
    それが良いのか悪いのかEAのロジックによるので分かりません。
    マジックナンバーを分けるならば、ロットも配分しなければなりません。
    難しいところです。

    これでEAのパフォーマンスを100%に近づけることになりませんかね?(^^;

    続きはまた後日。
     
     

    MT4EAに出会うまで

    140602c.jpg

    最初はこんな広告を見て、なにこれなにこれ。
    興味津津で広告クリック。
    なにこれ凄い。早速申請。早速入金。

    どのシステムがいいのかググって吟味。
    適当に選んで早速開始。

    ググる過程で批判的な意見もチラホラ。
    というか用語の意味すら全然分からない。スプレッドってなんぞや。滑るってなにが?状態。

    エコトレ宣伝してるブログは他のシストレを紹介してたりします。
    MT4業者やらEAも紹介してたり。

    最初は自分でプログラムをダウンロードしたりするのが、そんなハイレベルな事できるか!って感じだったと思います。
    無料EAこれがオススメ!って宣伝みて、まぁ無料だし。と思って申請したのがカムシンでした。

    この業者の口座限定!口座を建てたら口座ナンバーを教えてください!
    そんな文章を見て、は?って感じでした。というか、そこに至るまでが非常に胡散臭かったです。

    あんな感じのWebページを見ても私は購買意欲は掻き立てられません。
    むしろ胡散臭い。商材詐欺にしか見えないです。もちろん私の感覚の話です。

    つぎに見つけたのがFXONだったかな?
    初めて買ったEAがラッコだった気がします。
    業者は国内業者のファイネストで始めました。

    あれやこれやとEA買って海外EAの壁とかコンボとかミリダラも買いました。
    ブリキロボさんのBlogで見つけたのかな。

    今じゃほとんど使ってませんけど(^^;

    次にみんながオススメのペッパーに口座開設。
    よくこんな私が海外に口座を開いて海外にお金を預けるなんて事できたなーと思います。
    英語できないですもん。トラブっても何もできません。グーグル翻訳頼りです。
    三井住友経由でドルに換えて入金した気がします。糞レートで。まぁいいやって感じでしたが。

    なんかペッパーが気に入らなくなってきてプリムスに口座開設。
    口座開設するのに、たしか免許証不可でわざわざパスポート作ったと思います。
    住居証明なんかもしなきゃいけなくて、英語できない私には難しかったです。

    シティバンクに口座開設してペッパーからドルをシティバンクに送ってプリムスに入金。
    これが手間取りました。シティバンクの支店行って書類書いて、キプロス?どこそこ?モーリシャス?は?な状態。
    なんでそんなとこに送金するんですかー?みたいな。とにかく大変でした。

    今じゃプリムスのみです。結構気に入ってます。
    円預金も貯まってきたので国内業者でまた始めようかなーと思っている最近。

    ファイネストとアルパリに今申請してきました。
     
     

    カンガルーのリスクを考える

    リスクを減らすか増やすか現状維持か。
    考えたくていろいろしてみました。

    まずカンガルーのmyfxbook





    取引履歴をダウンロード。保存形式は任意で。私はエクセル。

    140601a.jpg



    フィルタ使ってAUDUSD取引のみにして並びかえてパパッと計算。
    まずは販社推奨のRisk5。

    140601b.jpg



    おお。なんかいい感じ。
    ロット計算がいい加減で、前回取引決済時の残高にリスクかけてるんですけど

    140601c.jpg



    実際にドローダウン起こす時のロットって、こんな大幅な違いはないです。
    正しくは証拠金にリスクをかけなきゃいけません。
    そこまで計算するのも面倒なので初期ロットに合わせます。
    と思いましたが、それすら面倒なのでデータを改変します。
    (年/月/日/時/分)のデータを(年/月/日)に改変して1日毎の仮想取引データにします。
    ちなみに、3回のドローダウンは -363.1 -368.8 -361.1 でした。

    140601d.jpg



    つづいて Risk10 Risk15 Risk20 もやっていきます。

    140601e.jpg

    140601f.jpg

    140601g.jpg



    さすがRisk20。夢のような口座残高。さすがにドローダウンが激しいですね。
    ドローダウンの比較もしてみます。

    140601h.jpg



    んー。儲かる度にすこーしずつすこーしずつRisk上げていこうかな。
    以上くそ長くなってしまった記事でした。
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。